コンピュータ

操作の一貫性

とてもくだらない話

かつて自分にとって「Ctrl+M」という操作は改行(Enter)と等価だった。もっと言うならCtrlキーと組み合わせた操作はホームポジションを崩さない高速操作の要だった。